.

破産申請の手続きにしたがって、申請者は第一に申請用の書類を申立人の住む場所を監督する裁判所に届けるということになります。申請する人による申請が届いたら担当者は決定をするのが望ましい要因があるかどうかといったことを考慮することになり終わった後申し立てた人に支払い不可能な状況など自己破産の必要条件が揃っているのなら、自己破産申立の認定が与えられることとなります。ですが自己破産申請の許諾がおりてもそれのみでは返済責任がゼロになったということになりません。加えて免責の承認をもらう必要性があるのです。免責は自己破産申立の手続きのときに支払いすることができない申立人の返済額に関しては裁判所がその返済を帳消しにするというものです。※簡単に言えば借金を消し去ることです。免責に関しても、破産の判定の流れと同じように裁判所内で審理がおこわなわれることになり審査の末、免責の判定がなされたとすれば、申立人は借金から自由になることになるから負債は帳消しになるという流れです、結果としてクレジットが使用不可になることを除き破産認定者の受けるデメリットからも放たれることとなります。このとき、免責拒絶(負債を0にしてもらえない)の判断がなされた場合返済そして破産者の被る不利益は存在し続けることになってしまうのです。破産の法律の免責システムは止むを得ない要因で借金を抱えて、苦境に立たされている人を救い出すためのシステムです。というわけで貯蓄を隠して自己破産申請の遂行をしたりするなど地裁に対して不適切な書類を届けるなど不正使用する人であるとか、豪遊などの散財で借入を作った人々の場合個人の破産の申請受付を凍結したり、免責承認が許されません。法律によれば、免責の許可をもらう資格が認められない原因を上で説明したケースの他にいくつか設定してありそれについては免責の不許可事由と表現します。